国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
第12回:kunitachiゆる市
【日程】
2017年 5月28日(日)
10時~15時
(終了しました)

【会場】
A. 広島屋+Panady
 (むっさ21商店街)
B. 時田園
C. musubi
D. E-sewing 国立
E. HOMEBASE
F. ラマパコス

【出店者】
<クラフト・雑貨>
E-sewing
カンガエル帽子店
ki-to-te
小鳥書房
SAP
たとぱに
tembo.
Hitomi Hashimoto metal works
ペタル
堀込和佳
maturica
musubi
ラマパコス
Rain drops
カゴアミドリ

<フード>
あひるの家
柿屋ベーグル
しましま
Samosa wala Timoke
時田園
Panady
Pandian
ひとひとて
広島屋
HOMEBASE
Maru Cafe Kitchen
Will cafe

<Live&Workshop>
LuneSonne
和sanbon
カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
検索
記事ランキング
お菓子工房くろねこ軒
当日のメニューが一部変更になりました。
a0288689_18323430.jpg
国立駅北口の住宅街の中にある小さなお菓子工房です。
オーダーメード、イベント、お菓子教室、Marchéを主体にしていて
作り置きはいっさいしないちょっと変わったスタイルのお店です。

国産小麦を始めとした安全な材料でとびきりの味を作っています。
「おいしくてびっくりした」と思ってもらえるお菓子達にどうぞ会いにいらしてください。
ゆる市でお目にかかれるのを楽しみにしております。
a0288689_18331139.jpg
お菓子工房くろねこ軒
〒185-0004 東京都国分寺市新町3-26-28
TEL:042-301-3338
http://kuronekoken.com/
Mail: brucke@kuronekoken.com

===================
くろねこ軒のお菓子は月1回開くマルシェやネットショップで購入できますが、いずれもすぐに売り切れてしまうことが多い人気のお菓子屋さんです。
穴場はオーダー。お誕生日ケーキなど、相談の上作ってくれて、とびきりおいしい!
Norbulingkaのソーイングカフェの際のお菓子も作ってくれています。
実はケーキやお菓子が特段好きでなかった私、初めてくろねこ軒のケーキを食べた時の衝撃を忘れられません。「ワンホール食べたい」と思いました。
いまだに毎回びっくりします。

当日はタルトタタン、ピタサンド、白パンクリームサンドなども持ってきてくれるそうです。
くろねこ軒のタルトタタンは、じっくり煮込んだ熱々のキャラメルりんごをフランス仕込みのパイ生地にその場でのせてくれる暖かなタルトタタンで、この季節ならではのお菓子です。
作っている本人とスタッフが「ちょーうまい」と言っているので、相当おいしいのだと思います。
サンドイッチも、「パンのおいしさってサンドイッチに重要なんだ」と私の目からウロコを落としめた一品です。
お楽しみに。

<事務局/たけい>
[PR]
by yuruichi | 2012-11-24 23:48 | これまでの出店者
<< たとぱに naocafe >>