国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
第12回:kunitachiゆる市
【日程】
5月28日(日) 10時~15時

【会場】
A. 広島屋+Panady
 (むっさ21商店街)
B. 時田園
C. musubi
D. E-sewing 国立
E. HOMEBASE
F. ラマパコス

【出店者】
<クラフト・雑貨>
E-sewing
カンガエル帽子店
ki-to-te
小鳥書房
SAP
たとぱに
tembo.
Hitomi Hashimoto metal works
ペタル
堀込和佳
maturica
musubi
ラマパコス
Rain drops
カゴアミドリ

<フード>
あひるの家
柿屋ベーグル
しましま
Samosa wala Timoke
時田園
Panady
Pandian
ひとひとて
広島屋
HOMEBASE
Maru Cafe Kitchen
Will cafe

<Live&Workshop>
LuneSonne
和sanbon
カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
検索
記事ランキング
たとぱに
【自然素材とくらす】がテーマのたとぱにです。
自然素材&手仕事のインテリア用品を中心に取り扱っています。
冬にむけ、あたたかい自然栽培綿カーテンや、羊毛の手織りラグがおすすめですが、ゆる市では小物類を中心に。

市のテーマ「冬じたく」を意識して・・・ 自然栽培綿の糸でイヤーマフを編んでもらいました。
綿の糸ですが、手紡ぎなのでふっくらやわらか、空気を含んであたたかです。
大人でも子供でも、付けてみて下さい! 色は3色
a0288689_1484651.jpg

同じく、糸で編んだクリスマスガーランドも。
a0288689_0495631.jpg

これらは、新作のペンダント照明やカーテンタッセルを編んで下さっているfepierさん作です。

自然栽培綿の定番「あしごろも」シリーズからは、パイル地が素肌に心地よいおやすみ靴下や、レッグウオーマー、腹巻きパンツなどのあたたかアイテムをピックアップ。
青梅の自然農の畑で作られたお茶や、ビワエキス等もおすすめです。
糧工房からは、今年のできたて「ほっとジンジャー」が届いています。

今回のゆる市では、会場でもあるので、いつもとちがう店内を、皆さんに楽しんでいただけたらと思っております。
北川ベーカリーさん、ipsilonさんと共に、お待ちしております。

お店の外に季節はずれな(?) グリーンカーテンが茂っているのが目印です。
a0288689_149734.jpg

*たとぱに
国立市北2-6-2
HP:http://tatopani.jp/
OPEN :11:00~5:00(土,日6:00まで)日曜日は月の最後のみopen
休店日:日,月,祝日
 
 
[PR]
by yuruichi | 2016-11-19 23:57 | これまでの出店者
<< 第11回 kunitachi... ki-to-te >>