国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
musubi
国立の南側・谷保駅からてくてく歩いて5分ほど、半世紀を迎えた商店街
の一角で暮らしの道具を扱っているmusubiです。毎日の、実際の暮らしと
じっくりゆっくり向き合いながら、普段の、ふつうの暮らしに寄り添って
くれる道具をひとつひとつ紹介しています。

a0288689_7241798.jpg


木の扉を開けると、店の奥には我が家の台所と食卓があります。仕事と
暮らしがゆるやかに繋がった空間で、お付き合いのある作り手さんの
展示会や、ワークショップを開いています。

今回のゆる市では、寒さに向かうこれからの季節にお役立ていただける
鍋敷きや鍋つかみ、小さな器、

a0288689_7243233.jpg


ウールやガラ紡の靴下、

a0288689_7244984.jpg


田中帽子店さんのフェルトハットや、

a0288689_72533.jpg


革持ち手のバスケット・・・などなど、お家の中で、外で、気持ちも身体も
温めてくれるような道具たちを沢山持って行きます。ひとつひとつ、丁寧に
人の手から生み出された道具たち、ぜひお手にとっていただけましたら
うれしく思います。

a0288689_7251670.jpg


出店場所は、最近改装されたますます素敵になったGARAGEさん柿屋
ベーグルさん
鉄の羽生直記さんとご一緒する予定です。皆さまにお会い
できることを楽しみにしております!

*musubi
国立市富士見台1-8-37
web:http://www.musubiwork.jp
blog:http://blog.musubiwork.jp




[PR]
by yuruichi | 2016-11-19 08:10 | 今回の出店者
<< circle [gallery... Willcafe >>