国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
第12回:kunitachiゆる市
【日程】
2017年 5月28日(日)
10時~15時
(終了しました)

【会場】
A. 広島屋+Panady
 (むっさ21商店街)
B. 時田園
C. musubi
D. E-sewing 国立
E. HOMEBASE
F. ラマパコス

【出店者】
<クラフト・雑貨>
E-sewing
カンガエル帽子店
ki-to-te
小鳥書房
SAP
たとぱに
tembo.
Hitomi Hashimoto metal works
ペタル
堀込和佳
maturica
musubi
ラマパコス
Rain drops
カゴアミドリ

<フード>
あひるの家
柿屋ベーグル
しましま
Samosa wala Timoke
時田園
Panady
Pandian
ひとひとて
広島屋
HOMEBASE
Maru Cafe Kitchen
Will cafe

<Live&Workshop>
LuneSonne
和sanbon
カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
検索
記事ランキング
カンガエル帽子店
初出店のカンガエル帽子店です。
日本やヨーロッパ、米国の古い木型を使用した伝統的な帽子づくりをしています。
布を染めるところからはじめて、鉄のコテでコサージュをつくったりもします。
a0288689_08425945.jpg

フェルトや布、編んだ帽体も使用しますが
夏の相棒は何といってもコチラ、singer112-4さん。
a0288689_08430620.jpg

この鉄のミシンで、リボン状の麦わらをぐるぐるぐーるぐるぐると陶芸のように縫って麦わら帽子をつくっています。100年以上前に製造されたらしいシンガーさんですが、今年も達者にシャカシャカ小気味よく稼働中。100歳越えのお婆さんが42.195キロを全力疾走で完走してもピンピン笑っている感じ・・・とでも申せましょうか。昔の機械はすごいです。

a0288689_08430920.jpg
頭が大きくて(もしくは小さくて)、市販の帽子に合うサイズがなくて困っているというご相談をよく受けます。当日は、平均的なサイズの帽子を幾つか持っていく予定ですが、オーダーメードもお受けします。頭に合った帽子がほしい、こんなデザインの帽子がほしいわ~などいろいろなリクエストに対応可能ですので、お気軽にお声かけください。
a0288689_08431202.jpg

どうぞよろしくお願いいたします!

*カンガエル帽子店facebook page:https://www.facebook.com/kangaeru.boushi

:::

・出店場所はD:E-sewing会場です。



[PR]
by yuruichi | 2017-05-15 08:56 | 今回の出店者
<< Panady Maru Cafe Kitchen >>