国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
たとぱに

【自然素材とくらす】がテーマのたとぱにです。
国立の北にお店があり、自然素材&手仕事のインテリア用品を中心に扱っています。

kunitachiゆる市では、自然栽培綿のものを中心にご紹介したいと思っています。
自然栽培綿はオーガニックコットンの一種で、100年間無農薬。手で紡いだ糸は、ふんわりやわらかです。
 
a0288689_06313706.jpg
 
自然栽培綿カーテン、普段は寸法オーダーを受けておりますが、仕立てたカフェカーテン、タペストリーカーテンを数枚持参します。是非お手にとって、軽やかな風合いを感じていただきたいです。
 
自然栽培綿の糸を使って、かぎ針で編んだ小物達は FEPiERさんの手によるもの。
手さげバックとミニクッションは今回の新作、バックの内側とクッションの裏側には自然栽培綿の布が使われています。

a0288689_06305106.jpg
▲手提げバック size:20×24センチ / デザイン2種 色バリエーションあり 
 
a0288689_06280860.jpg
▲ミニクッション size:21×21センチ / デザイン1種 色バリエーション×3
 

同じく手編みのカーテンタッセルや、ペンダント照明もございます。

定番でリピーターの多いタオルや靴下類は、種類が多いためいくつかをピックアップ(27日中にリクエストいただければ、持参しますよ〜)

出店場所は、ラマパコス会場です。お隣はいつも人気の柿屋ベーグルさん(!)
お天気も良さそうなので、ベーグルとラマパコスのドリンクを買い、近くのきしゃぽっぽ公園(谷保第一公園)で休憩するのもおすすめです。
では、当日お会いできるのを楽しみにしております。
 
a0288689_23544631.jpg
*たとぱに
お店の住所:国立市北2-6-2
HP:http://tatopani.jp/

機会がありましたら、普段のお店にもお立ち寄り下さい。古い木造家屋の小さなお店です。(定休:日月祝) 2階では、木のヒゲの「自然素材を編む」:蔓や樹皮、草を使ったかご作り等のワークショップも行っています。



[PR]
by yuruichi | 2017-05-27 00:15 | 今回の出店者
<< 焼き菓子や ひとひとて Willcafe >>