国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
当日のメニューが一部変更になりました。
a0288689_18323430.jpg
国立駅北口の住宅街の中にある小さなお菓子工房です。
オーダーメード、イベント、お菓子教室、Marchéを主体にしていて
作り置きはいっさいしないちょっと変わったスタイルのお店です。

国産小麦を始めとした安全な材料でとびきりの味を作っています。
「おいしくてびっくりした」と思ってもらえるお菓子達にどうぞ会いにいらしてください。
ゆる市でお目にかかれるのを楽しみにしております。
a0288689_18331139.jpg
お菓子工房くろねこ軒
〒185-0004 東京都国分寺市新町3-26-28
TEL:042-301-3338
http://kuronekoken.com/
Mail: brucke@kuronekoken.com

===================
くろねこ軒のお菓子は月1回開くマルシェやネットショップで購入できますが、いずれもすぐに売り切れてしまうことが多い人気のお菓子屋さんです。
穴場はオーダー。お誕生日ケーキなど、相談の上作ってくれて、とびきりおいしい!
Norbulingkaのソーイングカフェの際のお菓子も作ってくれています。
実はケーキやお菓子が特段好きでなかった私、初めてくろねこ軒のケーキを食べた時の衝撃を忘れられません。「ワンホール食べたい」と思いました。
いまだに毎回びっくりします。

当日はタルトタタン、ピタサンド、白パンクリームサンドなども持ってきてくれるそうです。
くろねこ軒のタルトタタンは、じっくり煮込んだ熱々のキャラメルりんごをフランス仕込みのパイ生地にその場でのせてくれる暖かなタルトタタンで、この季節ならではのお菓子です。
作っている本人とスタッフが「ちょーうまい」と言っているので、相当おいしいのだと思います。
サンドイッチも、「パンのおいしさってサンドイッチに重要なんだ」と私の目からウロコを落としめた一品です。
お楽しみに。

<事務局/たけい>
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-24 23:48 | ▶ これまでの出店者
国立の住宅街の中にある、ベジ&hemp cafeの naocafe です。
当日は、酵素玄米のおにぎり、米粉のケーキやマヤ麻クッキーなどの販売をする予定です。

naocafeはcafeであり、フリースペースでもあります。満月新月の瞑想会、手縫い時間、心洗われる音楽のライブ、ベジタリアン料理や酵素作りの教室、各種お話会、着物イベント、上映会など、いろいろと発信中です。

来年からはスペースを一旦クローズし、国立を旅立ち移動しながら、麻やお米、種、森の間伐等、地球の声を発信していく予定です。
身体も大地も元気に浄化する麻文化を今こそ日本に復活させましょう。
*ブログ:http://ameblo.jp/naocafenaochan/   
 
=== naocafe ===
a0288689_226354.jpg
 
naocafeさん、行くと卓袱台を前につい長居をしてしまいます。静かな住宅街にある空間は窓の外に緑が見えて、とても落ち着くんです。
そしていつも、さまざまなイベントや勉強会のようなことをやられていて、naoさんのアンテナの広さには感心させられます。
ここ最近は麻に注目していて、カフェメニューにも登場しています。
麻について興味のある方は、声をかけてみるときっと興味深い話が聞けると思いますよ!
 
====事務局/よしかわ===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-24 11:04 | ▶ これまでの出店者
第1回に引き続き、今回も出店させて頂きます、
無垢の木の家具と、器・カトラリーなどの小物を製作をしています「ki-to-te」です。
デザインから製作までの全てを前田充が一人で手掛けています。
シンプルで見た目にはわからない使い勝手ですが、
ふと気付くと毎日使っているような、なんてことないけど心地いい、
そんな暮らしの道具を作っていきたい、
何十年もかかって育った木の命を頂いているからこそ、
長く使ってもらえるものを作っていきたいと考えています。
a0288689_1324636.jpg
今回の会場でもありますki-to-te直売所は、
だいたい毎週土日にオープン、家具や小物など木道具をご覧頂けます。
直売所では、店番・前田由美が皆さんをお迎えしています。
是非お気軽にお立ち寄り下さい。
「kunitachiゆる市」でも、店番の私が、一人で出店していますが、
今回は会場ということで、前田充も市のスタッフとしてお手伝いをさせて頂きます。
どうぞお気軽にお声をかけて下さい。よろしくお願い致します。
a0288689_12103463.jpg
スプーンやうつわなどの小さな木道具はもちろん、家具もご覧頂けます。
写真は、重ねてしまえるこぼん、1合サイズのお米カップ、ボウルと片口、
畳やカーペットに跡がつきにくい畳ずりスツールです。

当日は、キャビネットやテレビ台、テーブルを使って、たとぱにさん、azamiさん、
peker chiseさんの素敵なもの達も並びます。どうぞお楽しみに!
a0288689_12112566.png
「ゆる市」限定販売の、スプーンのカタチのブックマークもまだ少しございます。
ブックマークとしては勿論、メッセージを書いてプレゼントに添えたり…
a0288689_1212134.png
パンとお菓子 mimosa」さんのオープンのお祝いに、
ゆる市事務局から贈ったお花にもメッセージを書いて添えてみました。
他にも色々楽しく使ってみて下さい。

第2回・kunitachiゆる市開催まで、あと11日となりました。
今回も、集う皆さんに楽しんで頂けますように…、
そして、また新たな縁がつながって、広がっていくことを願って…。

ki-to-te直売所/店番・前田由美
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-21 12:18 | ▶ これまでの出店者
国立の皆さんには「ニチニチ日曜市」でもお馴染みだと思います、
ベジサモサ屋Timokeさんが出店して下さいます。

私も、日曜市に行くと、必ず買ってしまう大ファンです。
スパイシーなサモサはもちろん、甘いサモサもこれがまた美味しいのです。
しっかりと素材の味がする、揚げているけど全然重くなくてアッサリしてるから、
何個でも食べられちゃう!ごはんにもおやつにも、
お酒のおつまみにもオススメな美味しいサモサです。

当日は、旬の冬野菜を使って、自家製チャツネとともに作って下さるそう!
そう、サモサにつけて食べるチャツネも本当に美味しいんです。
どうぞお楽しみに!!      ====事務局/まえだ===
a0288689_18314460.jpg
Timokeは、皮も具もひとつひとつ手作りのオリジナルベジサモサ屋です。
国立を拠点にサモサと旅をしています。

サモサはインドのスナック、インド人にとって朝食であり、おやつであり、
おかずでもある、いつでも身近にある日常食。
Timokeのサモサは皮に全粒粉を使い、具はオーガニックで旬の野菜・豆を使った
栄養満点のオリジナルベジサモサです。

Blog*http://tidaaaa.exblog.jp/
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-20 08:36 | ▶ これまでの出店者
つくし文具店は住宅街のなかの、ちいさな文具店です。
黒板がある3坪の店内にはオリジナル文具をはじめ、
店主の知り合いのデザイナーがつくった文具や書籍が並んでいます。
a0288689_12404045.jpg
撮影:篠原裕幸
a0288689_13191279.jpg
つくしえんぴつ:ちょっと太めで持ちやすいえんぴつ
つくしノート:書き味なめらかな帳簿用紙を束ねたノート
つくしペンケース:リネン100%の帆布製ペンケース
つくしメモ:手触りのいい薄手の紙を束ねたメモ帳

a0288689_13193218.jpg
つくし定規:ステンレス特殊鋼の15㎝定規
つくし便せん:レポート用紙感覚で使える無地の便せん
つくし封筒:ポケット部分が深いオリジナル封筒
つくしのてぬぐい:生活道具が描かれたてぬぐい


kunitachi ゆる市では、つくしのオリジナル文具に加え、
「flip-flopと」の芋けんぴを販売いたします。
a0288689_12405119.jpg
使う芋の種類は「紅はるか」「紅あずま」「人参芋」「パープルスイートロード」など。入荷状況によって、どの芋けんぴが並ぶかが決まります。

「flip-flopと」は、普段は狛江市でリヤカー販売をしている
手づくりの芋けんぴ屋さんです。
a0288689_13265414.jpg

じつは、芋けんぴをつくっている加藤晶夫さんは、
昨年までつくし文具店で日直(店番)をしていました。
「芋けんぴを極めたい」と言っていた加藤さん。
a0288689_132634100.jpg

あのころから加藤さんは変わらず、芋けんぴ一筋です。
食べ出したらとまらない「flip-flopと」の芋けんぴを、
ぜひこの機会に味わってください。

なお、kunitachi ゆる市当日は、
西町2丁目にあるお店もオープンしています。
会場のノルブリンカさんから徒歩10分程度ですので、
散歩がてらお立寄りください。この日はゆる市に合わせて、
10:00からお店を開けています(17:00閉店)。

kunitachiゆる市をきっかけに、
つくし文具店の場所を覚えてもらえるとうれしいです。

(つくし文具店購買部:ハギワラユリ)

: : : : : : : :

黒板のある3坪の店はたしかに文具店なのですが、訪れると様々なつながりや
交流が生まれる場。「つながる くらしと しごと」学校でも会社でも家でも
ない空間で面白いことが起こっています。市でお気に入りの文具を手にしたら
ぜひ子ども時代のように寄り道してみてください。きっと新しい発見や楽しい
出会いがありますよ!

*つくし文具店ホームページ : http://www.tsu-ku-shi.net/

=== 事務局/さかもと ===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-19 08:28 | ▶ これまでの出店者
SAP
kunitachiゆる市 初参加ながら、国立在住30年。
2業種にまたがり30年も経って・・・SAPとして26年目。
自然衣料・雑貨のSAPです。
a0288689_863481.jpg
国立駅から徒歩3分。音大付属幼稚園斜め前の一角の一軒家のちっちゃな店です。
年月など関係なく、今が大切!
毎日OPENの朝は「いい出逢い、繋がりがあるといいな」と思っています。
そして、こんな素敵な「kunitachi ゆる市」。
暮らしを楽しみ、作り出す、たくさんの仲間に加えていただきとても嬉しいです!
a0288689_921293.jpg
ゆる市では、「冬の入口も楽しくねっ!」をテーマにアンゴラやメリノウール、ヤク混。
絹やオーガニックコットン。リネンや竹繊維などの素材感あふれるものを
出来るだけたくさん紹介したいと思っています。
「寒いの苦手~」 とか 「夜寝付けない」 とか・・感じていらっしゃる方が、
「寒いの平気!」 「暖かいって、幸せ」 「節電にもなるかも・・」って
素肌に近いアイテムから感じて欲しい。

店舗の中は、朝使う石けんや肌着から寝具まで。
日常に沿って、暮らしがいつでも、どこからでも、身体や環境に優しいものに切り替え
られるよう四季折々、暮らし周りのものがギュギュッと詰まっています!
(今あるものは大切に、買い換えるときは、心地いいものがある事思い出してね)

寒さも増す頃ですが、皆様にお逢いできるのを楽しみにしています!
ゆっくり過ごせるよう、暖かくしてお出かけくださいね。
a0288689_864727.jpg
自然衣料・雑貨SAP http://www.sap-e.net/

=========================
合成界面活性剤入りのものをやめてから10年ほど。
身体のことを真剣に考えたら、自然にもいいものに自ずとシフトしました。
「どこで売ってるの?」と困った時はSAPさんに行けば大丈夫。

今回の「kunitachiゆる市」にはクリスマスプレゼントにもよさそうなものをたくさん持ってきてくださいます。
この機会に、身体にも地球にも人にも優しい素材をお手にとってみてください。

<事務局/たけい>
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-16 00:43 | ▶ これまでの出店者
フライヤー完成!週末より少しずつお手にとっていただけるかと思います。

国立周辺のお店や作り手が沢山集まってくださり、今回の参加は18店舗
になりました。

a0288689_1624571.jpg


食べ物、布、雑貨、木工、そしてアートや音楽も。クリスマスシーズンも
間近、どうぞお楽しみに!

===事務局/さかもと===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-15 16:21 | ▶ お知らせ
a0288689_9125330.jpg
イラストレーターの西海文野(にしうみあやの)です。
今回ゆる市に初参加させていただきます。
アパレルのイラスト制作、ポスター制作、ロゴ制作、パンフレットまんが制作などの
仕事をしています。
a0288689_9133282.jpg
日々暮らしている中でハっと気づくかっこいい場面を忘れないように
線をひっぱっています。そのときの感情や暖かさを色にしています。
a0288689_913316.jpg
当日はNorbulingkaさんの会場で
鉛筆、ペン、水彩画、油彩画、コラージュ作品原画展示を中心に、
ポストカード、年賀状など販売いたします。
ちょっと変わったグッズも持って行きますので
是非お立ち寄りいただければと思っております。

ホームページ http://niquya.web.fc2.com/index.html
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-15 10:34 | ▶ これまでの出店者