国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市
第13回:kunitachiゆる市
【日程】
2018年 4月15日(日)
10時~15時
(無事終了しました。
多くの皆さまのご来場、
ありがとうございました!)

【ゆる市マップ】
出店者の店舗や工房の場所を
一枚にまとめた特製マップ
こちら

【会場】
A. ki-to-te
B. アトリエつくる

【出店者】
:: 布・雑貨 ::
九ポ堂(活版印刷・紙雑貨)
tembo. (洋服・布小物)
musubi (くらしの道具)
アトリエつくる
 (布と紙の雑貨と服)
たとぱに
 (自然綿栽培の布小物)

:: クラフト ::
吉川裕子(陶の器と小物)
羽生直記 (金属道具)
カゴアミドリ (世界のかご)
ki-to-te (木の家具と小物)

:: 本・古物・植物 ::
草舟あんとす号
 (植物にまつわる本と紙小物)
plan (植物・古道具)

:: Food & Drink ::
柿屋ベーグル (ベーグル)
加藤けんぴ店
 (おにぎりと芋けんぴ)
国立コーヒーロースター
 (コーヒー)
くにたちの食卓いづい
 (春のおべんとう)
BAL OASI
 (ワイン/生ビール/おつまみ)
ドーナツスタンドKWEEBUU
 (ドーナツ)
ひとひとて
  (焼き菓子・飲み物)
Willcafe  (飲み物)
カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
検索
記事ランキング
加藤けんぴ店
ゆる市も今週!!
食べ物の出店者紹介です!!
こちらも大人気店、加藤けんぴさんです!

:::::::::::::::::::::::::
国分寺の南側、府中に向かう国分寺街道沿いにある加藤けんぴ店です。
おにぎりと芋けんぴを中心に、普段の生活のなかで気軽に楽しめる食べ物を販売しています。
a0288689_11365124.jpg

おにぎりは、お米屋さんや海苔屋さんといったプロの目が選んだものや、自分が信頼できるものを使って、具材もできるかぎり手作りです。
昔ながらの鉄の羽釜でごはんを炊いて、おひつに移して、手で握っています。
自分が食べたいもの、人に食べてもらいたいもの。
そんな普通においしいおにぎりを目指しています。

a0288689_11365308.jpg

芋けんぴは、いろんな品種のサツマイモを使って、季節や品種に合わせて切り方、揚げ方、味付けを変えています。
コンビニなどにも売っているお菓子ですが、新たな一面を楽しんでもらえたらうれしいです。


今回のkunitachiゆる市では、定番のおにぎりや季節のおにぎり、おにぎりのお供のお惣菜。
芋けんぴは定番の『紅あずま』、甘辛い味付けの『みたらし』、さわやかな風味の『レモン』、おつまみにぴったりな『スモーク』を販売します。

よろしくお願いします。




加藤晶夫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
加藤けんぴ店
〒185-0022
東京都国分寺市東元町2-18-16吉野ビル103
tel: 042-312-2370


:::::::::::::::::::::::::::::::::

最近では情報番組なんかで紹介されて、いつもお店は売り切れ。。。
そんな芋けんぴがゆる市に!!嬉しい!!
こだわりのおにぎりも絶妙すぎる味!種類豊富な素材の味も贅沢。。


[PR]
by yuruichi | 2018-04-12 15:42 | 今回の出店者
<< 羽生直記 国立コーヒーロースター >>