エキサイト ブログトップ
第14回:kunitachiゆる市
【日程】
2018年 11月18日(日)
11時~16時 雨天決行

【会場】
国立北口エリア
第14回 ゆる市MAPはこちら

-服・布・雑貨・家具-
caikot(ヨーロッパヴィンテージ古着)
GARAGE(器と古いもの)
natsuno hiraiwa(エプロン・布のもの・香りのもの)
古道具 LET ’EM IN(ビンテージ家具)
七梅(繕いとてぬぐいと布の道具)
たとぱに(自然素材のインテリア&小物)
musubi (くらしの道具)

-クラフト-
はっとりこうへい(木彫りのブローチ)
フジカワエハガキ(絵葉書・絵)
Found&Made(手仕事道具・古いモノ+手織りアトリエ)
モリサキ靴工房(靴づくり教室と革細工小物)
カゴアミドリ (世界のかご)
ki-to-te (木の家具と小物)

-本・植物-
kukka(季節の草花)
古本泡山(古本)

-Web・環境-
plain-design.jp(WEBサイト制作相談)
国立市 ごみ減量課(分別マイスターの分別相談ほか)

-Food & Drink-
OYATSUYA SUN(焼き菓子とコーヒー)
キッチンゆいっと(洋食)
ダバ★クニタチ(インドカリー)
ノイフランク(焼きソーセージと生ビール)
根々(野菜のごはん)
pandian(天然酵母パン)
BORTON(焼き菓子)
one day coffee stand (スペシャルティコーヒー)
Willcafe(焼き菓子・飲み物)


カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
ゆる市MAP
検索
記事ランキング
musubi
国立の南側・谷保駅からてくてく歩いて5分ほど、半世紀を迎えた商店街の一角で暮らしの道具を扱っているmusubiです。毎日の、実際の暮らしとじっくりゆっくり向き合いながら、普段の、ふつうの暮らしに寄り添ってくれる道具をひとつひとつ紹介しています。

a0288689_09555173.jpg
木の扉を開けると、店の奥には我が家の台所と食卓があります。仕事と暮らしがゆるやかに繋がった空間で、作り手さんの展示会や、ワークショップを開いています。

今回のゆる市では、冬に向かうこの季節のお出かけが楽しくなるようなベレーや、

a0288689_09555177.jpg

革の持ち手のかごバッグ、首元を温めるストール、こぎん刺しの小物たち、

a0288689_09555170.jpg

足元が華やぐようなあったかい靴下などを中心に、あれこれ大きなかごに詰めて持って行きます!

a0288689_09555180.jpg

ひとつひとつ、丁寧に、人の手から生み出された道具たち、ぜひお手にとっていただけましたらうれしく思います。出店場所はroom103、素敵な出店者さんたちと一緒にお待ちしております。

musubi(むすび)
web : https://www.musubiwork.jp
blog : http://blog.musubiwork.jp
instagram : @musubi_work

[PR]
by yuruichi | 2018-11-16 09:50 | 今回の出店者
<< たとぱに OYATSUYA SUN >>