人気ブログランキング |
エキサイト ブログトップ
第15回:kunitachiゆる市
【日程】
2019年 11月10日(日)
11時~16時 雨天決行

【会場】
国立北口エリア
会場マップはこちら

-A会場-
OYATSUYA SUN(焼き菓子とコーヒー)

-B会場-
たとぱに(自然素材のインテリア&小物)
soma(ハーブティとハーバルチャイ・茶葉販売&試飲)
Norbulingka(大分県国東半島の手仕事品色々)

-C会場-
ノイフランク スモークハウス店(炭火焼きソーセージ・ドイツ生ビール)
KWEEBUU(ドーナツドッグ)

-D会場-
プラスチックとうまく付き合う、を考える展示企画チーム (ポスター展示)
堀込和佳 (かんたん金繕いワークショップ)
Bee simple (みつろうラップ)
カゴアミドリ (世界のかご)
韓国料理玉ちゃんの家 (韓国料理)
きむくまカレー(カレーと自家製ソーダ)
サンドイッチ 小屋 (サンドイッチ)

-E会場-
LET ’EM IN(古道具)
国立市 ごみ減量マイスター(ミニ・キエーロ モニター募集など)
Will cafe(焼き菓子)

-F会場-
フジカワエハガキ(エハガキと絵)
natsuno hiraiwa(アロマテラピー)
ひとひとて(焼き菓子)

-G会場-
GARAGE(器と古いもの)
ki-to-te (木の家具と小物)
Kapo (足もみ体験)
柿屋ベーグル (ベーグル)

-H会場-
Found&Made(手工芸店+手織り)
アトリエつくる(色画用紙でパペット作り)
古本泡山(古本・絵本や食)
musubi (暮らしの道具)
国立コーヒーロースター (コーヒー)
Samosa wala Timoke (ベジサモサ)


カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
ゆる市MAP
検索
その他のジャンル
記事ランキング
<   2016年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
第10回 kunitachiゆる市終了、ありがとうございました!
桜舞い散る春の一日、昨日、第10回 kunitachiゆる市が終了いたしました。

7つの会場に33店舗 + 3Live。大学通りに面した商店街の入口から少し離れて
いる公園まで太鼓と鐘の音が響き渡り、始まった10回目。どんなに回を
重ねても「皆さん来てくださるかな?」と事務局は直前まで不安と期待
で胸がいっぱいになるものですが、おかげさまで今回もまた大盛況のうちに
終えることができました!

ご来場いただきました皆さま、ご出店いただきました皆さま、またこのような
場所を整えてくださった商店街、近隣の皆さま、本当にありがとうございました。

第10回 kunitachiゆる市終了、ありがとうございました!_a0288689_1049262.jpg


「今までのゆる市で一番長〜く滞在しちゃいました!本当に楽しかった!!」
とご来場者のお声。太鼓やギターの音、子どもたちのはしゃぐ声、大人たち
の寛ぐ姿、お店屋さんとお客さんの会話、点在する会場と会場の往来では
人々の挨拶や笑顔が沢山、沢山見られました。2012年に始まった小さな市、
小さなつながりが少しずつ輪を広げていることを感じた一日でした。

お気に入りのお店、楽しかった場所、何かひとつでも皆さまの心に残る記憶と
なって、また足を運んでいただけましたらうれしく思います。

次回は大学通りの銀杏が色づく秋頃に。またお会いできますことを楽しみに
しております。

当日の様子などまたあらためてご紹介したいと思っておりますが、 まずは終了
のご報告とお礼まで。

皆さま、ありがとうございました!
by yuruichi | 2016-04-11 10:53 | ゆる市つれづれ
たとぱに
【自然素材とくらす】がテーマのたとぱにです。
自然素材&手仕事の、自然栽培綿のカーテン、羊毛の手織りラグ、ネパールの手漉き紙などを取り扱っています。
自然素材のインテリアで、心地よい空間を作ることができたら、と思っています。
たとぱに_a0288689_0564653.jpg

ゆる市には、今回も自然栽培綿の小物を中心に持参します。
手紡ぎ糸のやわらかい履き心地の靴下「あしごろも」シリーズの他、
自然栽培綿の手紡ぎ糸や、手編みの襟巻きや帽子なども。
たとぱに_a0288689_175423.jpg

お店は国立駅北側の住宅街にあります。
ゆる市には、ラグやカーテンを持参できないので、是非お店の方にも遊びにいらしてください。
4月5日〜30日までは、春のインテリアフェアを開催中です。

*たとぱに
国立市北2-6-2
HP:http://tatopani.jp/
OPEN :11:00~5:00(土,日6:00まで)日曜日は月の最後のみopen
休店日:日,月,祝日

→ 出店場所は Bむっさ21商店街 です。

 
 
by yuruichi | 2016-04-10 01:02 | これまでの出店者
ひとひとて
焼き菓子や ひとひとて 

国立駅から北へ 坂を登りケヤキ並木のある団地が目印の一角。 立川市若葉町で小さな焼き菓子屋を夫婦で営んでいます。 
旬の季節の素材と国産小麦、菜種油、豆乳、甜菜糖などの植物性素材を使って、お菓子を作っています。
ひとひとて_a0288689_15354885.jpg


今回のゆる市では、国分寺中村農園さんの素朴でおいしーい紅ほっぺや旬の柑橘を使ったタルトなど4種、クッキー8種、無農薬のレモンと甘夏のパウンドケーキ、マフィン2種など・・持っていく予定です。
ひとひとて_a0288689_15352289.jpg


ぜひとも春らしいお菓子を食べていただけると嬉しいです。

http://hitohitote.exblog.jp

https://www.facebook.com/hitohitote/

→出店場所は、会場Fのラマパコスです。
by yuruichi | 2016-04-09 15:39 | これまでの出店者
ラマパコス
ラマパコス_a0288689_14401145.jpg

ラマパコス_a0288689_1440844.jpg


ラマパコス
造形作家/関田孝将と写真家/小沢利佳が運営する、国立市谷保にあるイベントスペース「ラマパコス」。主に手仕事作家の道具を扱ったり、ものづくりしている人たちとおもしろいことを企てて実行する場所として存在します。ゆる市ではふだん常設で置いている作家の雑貨や道具を。硝子ものや、陶器、土器、金属の道具、いろいろです。イベントでしか開けていないお店ですので、この機会にぜひ。

ラマパコスWEB
http://lamapacos.net
ラマパコスInstagram : https://www.instagram.com/lamapacos_yaho/
関田孝将
http://sekita-w.com/
小沢利佳
http://ricamera.net/

→出店場所は、会場Fのラマパコスです。
by yuruichi | 2016-04-09 14:43 | これまでの出店者
増田書店
国立市の本屋、増田書店と申します。
よろしくお願い致します。

国立駅の南口を出て、駅からのびる大学通りで営業しています。
金文堂、ロージナ茶房、白十字を過ぎてすぐです。


特別なところのなにもないいち本屋です。
本と書物をあずかっています。
ひととひとの出会うところ、人々の営みの交わるところ、
三世代願わくば四世代の交わる場所を保つこと、
未来を創るひとたちに過去の様々な経験を引き渡すこと、
ひとの言葉を聞くこと、それが私たちの仕事です。

増田書店_a0288689_13513728.jpg
国立で愛され続けている増田書店さんの嬉しい初めてのご出店です。
どんな本をセレクトして来て下さるのでしょう。
どうぞお楽しみに!

→出店場所は、A:MARU CAFE KITCHENです。

by yuruichi | 2016-04-09 13:55 | これまでの出店者
musubi
今回のkunitachiゆる市では会場のひとつとなるmusubiです。半世紀を
迎えた商店街の一角で、普段の、ふつうの暮らしに寄り添ってくれる道具
をひとつひとつ紹介しています。

musubi_a0288689_983850.jpg


岩手・一戸から届いた鈴竹の楕円ざるや、お弁当かご、手提げ、市場かごや、

musubi_a0288689_98464.jpg


たおやかな意匠が印象的な手ぬぐい色々、

musubi_a0288689_985565.jpg


これからの季節に欠かせない麦わら帽子などを中心に、

musubi_a0288689_99138.jpg


いつもの、毎日の暮らしを楽しくしてくれる道具を揃えて皆さまのご来場を
心よりお待ちしております!

musubi会場には、rolcaさんと、アカリベーカリーさんが一緒に出店して
くださいます。異なる3店、いつもの店内とは違った風景もお楽しみいただけ
ましたらうれしく思います。

皆さまにお会いできますこと、出店者・事務局一同楽しみにしております。

*musubi
国立市富士見台1-8-37
web:http://www.musubiwork.jp
blog:http://blog.musubiwork.jp
by yuruichi | 2016-04-09 09:09 | これまでの出店者
Willcafe
こんにちは
谷保天満宮にほど近い場所で焼き菓子と喫茶のお店を営んでおります
喫茶は木・金・土の週3日営業
手作りのお菓子と丁寧に淹れた飲み物でのんびりと過ごしていただけます
お菓子は、季節ごとに出回る果物や野菜、手に入る範囲で国産の安全な素材を選び
お店のオーブンで、ひとつひとつ丁寧に手作りしています
焼きっぱなしの素朴な焼き菓子が中心ですが、
口にしたとき、手に取った時
「ほっ・・」と気持ちがあたたかくなるような
そんな心と体にやさしいお菓子であるといいなあと思っています
Willcafe_a0288689_19491444.jpg

Willcafe_a0288689_19482287.jpg

Willcafe_a0288689_19484274.jpg

当日はお店でもご好評いただいている旬の果物をたっぷり焼きこんだタルトや、リッチな味わいのレモンケーキ、むらさき芋を使ったきれいな色のクッキー
Willcafe_a0288689_1949147.jpg

Willcafe_a0288689_19541915.jpg

桜も終盤ですが、自家製の桜漬けをかざった桜のお菓子
Willcafe_a0288689_1954076.jpg

Willcafe_a0288689_2002116.jpg

今回の会場でもあるむっさ商店街内にある「とれたの」さんで買った、国立産のらぼう菜を使ったキッシュ
、クレソンのクッキー
・・などなどお持ちする予定です

飲み物は喫茶でもご好評いただいているスパイスミルクティー
みかんジュース 
いちごミルク
★スタンプカードのドリンクサービス受付は当店と「ラマパコス」さんになります

早いもので第10回を迎えるkunitachiゆる市
国立駅周辺とまた雰囲気が変わり、のんびり自然がたくさんの谷保地域
お時間がありましたら、谷保天満宮などにもお立ち寄りいただき、ぜひ谷保を満喫していってくださいね!
ご来場のみなさまにとって素敵な出会いのある、春の1日となりますように・・

Willcafe
国立市谷保5233-13
毎週・木、金、土営業
http://www.will-cafe.com/


→ 出店場所は Bむっさ21商店街 です。

by yuruichi | 2016-04-09 08:00 | これまでの出店者
ki-to-te
無垢の木の家具と、器・スプーンなどの小物を製作している「ki-to-te」です。
そのデザインから製作までの全てを前田充が一人で手掛け、
妻の私が販売している夫婦二人だけの小さな家具屋です。
ki-to-te_a0288689_01080938.jpg
シンプルで見た目にはわからない使い勝手ですが、
ふと気付くと毎日使っているような、なんてことないけど心地いい、
長く使ってもらえるものを作っていきたいと考えています。

今回の「kunitachiゆる市」では、定番のコーヒーメジャー、カッティングボード、
お米カップ、ジャムスプーンやバターナイフ、パン皿、カレー皿などなどの他、
大きなサラダボウルを幾つか持って行く予定です。
ki-to-te_a0288689_01045912.jpg
今年の新作「箸置き」も沢山持って行こうと思っています。
さくら、くるみ、ナラ、ウォールナット…是非お気に入りを見つけにいらして下さい。
ki-to-te_a0288689_01062661.jpg

国立駅から北へ、畑に囲まれた古い平屋の直売所では、家具もご覧頂けます。
看板娘の杢(もく/柴犬)と一緒に皆さまのお越しをお待ちしておりますので、
是非遊びにいらして下さい。
ki-to-te_a0288689_01063029.jpg
いよいよ明後日とせまりました「第10回kunitachiゆる市」
第1回を開催し、ゆる市が生まれた地「谷保」で、
沢山の皆さんとお会いできること楽しみにしています!

ki-to-te
ホームページ:http://www.ki-to-te.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kitotechokubai
前田充instagram:http://instagram.com/maedamitsuru/

→出店場所は、A:MARU CAFE KITCHENです。

by yuruichi | 2016-04-08 21:46 | これまでの出店者
コトナハウス
ダイヤ街商店街の中にあるシェアハウス・コトナハウスです。
コトナハウス_a0288689_15485514.jpg

コトナハウスには、地域の茶の間的コミュニティスペース「チャノマ」があります。
チャノマではさまざまなワークショップが開かれたり、ふらっと子どもが遊びに来たり、チャノマ会員とご近所さんが交流したり、たくさんの顔を持っている場所です。
コトナハウス_a0288689_15524970.jpg


そんなコトナハウスのチャノマで・・・
地域の子どもたちによる、子どものためのミニゆる市が開かれます。
その名は「こゆる市」   内容はもりだくさん!
 
【ワークショップ 】
しぶちゃんー目だけであじわうねんどクッキーづくり 50円
キッズまあとー紙工作 30円
コトナハウスのシークレットワークショップ 50円

【実演 】
市川正人ーアイロンビーズでつくる立体おもちゃ

※ワークショップと実演は、まいちゃんの絵本の時間はお休みします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
【物販 】
コトナシュラムーフェアトレード物販&ゲームくじ
Wまりもshopー手づくりアクセサリー&ストラップ
キッズまあとーろうそく、布のてづくり雑貨
キラキランドー手づくり雑貨
コユルザッカー手づくり雑貨
にがお絵のうつわー似顔絵

6つの小さなお店が並びます。
各お店は、それぞれ2〜3人の子供達で内容を考え、準備しました。
当日は役割を交代しながら1日お店番をします。

その中のひとつ〈キッズあまと〉は、 :まぁ君  :あおいちゃん  と:やまと君、の3人による手作り雑貨屋さん。
写真左は、メンバーのまあ君のお父さんのお店での打合せ風景です。
みんなでアイデアを出し合って、楽しみながら少しずつ準備してきました。
コトナハウス_a0288689_2234317.jpg

そしてもうひとつ〈Wまりもshop〉は、6店の中で一番のお姉さん、この春から中学生になった2人のまりもちゃんのお店です。
他のイベントにも出店経験があるという2人が販売するのは、お菓子をモチーフにした手作りのアクセサリー。かわいいだけでなくて完成度が高くてさすがです。
コトナハウス_a0288689_2185886.jpg

最後の写真は先日の日曜日、こゆる市の出店者が集まっての打ち合せ風景。
お店の場所を決めたり、飾りを作ったり、当日の持ち物を確認したりしました。大人のゆる市と同じように、各お店の旗も作りました。
コトナハウス_a0288689_1525374.jpg

初めての経験にドキドキしながらも、はりきっている子供達に、是非会いにいらしてください。
 
※コトナハウス会場では、ゆる市のスタンプカードはご使用できません。
 
 
by yuruichi | 2016-04-08 10:30 | これまでの出店者
わたなべいくこ
絵描き、布作家のわたなべいくこです。
展覧会を中心に活動、委託販売もしています。
わたなべいくこ_a0288689_23223179.jpg
この春よりki-to-te さんのお隣に越して来ました。
ノルブリンカの武井さんの住んでいらしたとっっても素敵なお家です。

私はこの場所で、子供造形教室を開きます。また毎月一回、
手縫いを中心とした大人向けのワークショップも
企画して行きますので是非ご参加ください。
よろしくお願いします!

詳しくはホームページをご覧ください。
http://ateliertukuru.jimdo.com/

→出店場所は、A:MARU CAFE KITCHENです。

by yuruichi | 2016-04-08 09:00 | これまでの出店者