エキサイト ブログトップ
第14回:kunitachiゆる市
【日程】
2018年 11月18日(日)
11時~16時 雨天決行

【会場】
国立北口エリア
第14回 ゆる市MAPはこちら

-服・布・雑貨・家具-
caikot(ヨーロッパヴィンテージ古着)
GARAGE(器と古いもの)
natsuno hiraiwa(エプロン・布のもの・香りのもの)
古道具 LET ’EM IN(ビンテージ家具)
七梅(繕いとてぬぐいと布の道具)
たとぱに(自然素材のインテリア&小物)
musubi (くらしの道具)

-クラフト-
はっとりこうへい(木彫りのブローチ)
フジカワエハガキ(絵葉書・絵)
Found&Made(手仕事道具・古いモノ+手織りアトリエ)
モリサキ靴工房(靴づくり教室と革細工小物)
カゴアミドリ (世界のかご)
ki-to-te (木の家具と小物)

-本・植物-
kukka(季節の草花)
古本泡山(古本)

-Web・環境-
plain-design.jp(WEBサイト制作相談)
国立市 ごみ減量課(分別マイスターの分別相談ほか)

-Food & Drink-
OYATSUYA SUN(焼き菓子とコーヒー)
キッチンゆいっと(洋食)
ダバ★クニタチ(インドカリー)
ノイフランク(焼きソーセージと生ビール)
根々(野菜のごはん)
pandian(天然酵母パン)
BORTON(焼き菓子)
one day coffee stand (スペシャルティコーヒー)
Willcafe(焼き菓子・飲み物)


カテゴリ
全体
会場アクセス
今回の出店者
お知らせ
kunitachiゆる市とは
ゆる市つれづれ
市券について
これまでの出店者
事務局
ゆる市MAP
検索
記事ランキング
musubi
第1回目の会場のひとつとなったmusubiは、国立の南側、谷保の商店街
の一角にあります。

今回は、ちょっとした贈り物やご自分へのご褒美にお楽しみいただける
ものをかごいっぱいに詰めて国立の北へと向かおうと思っています!

暮らしの道具は素材も作り手も様々ですが、作り手が使い手のことを
考え、丁寧に、真摯につくられた道具はやっぱりいいもの。

皮革の持ち手のかごバッグや、無塗装のお箸、竹のざる、菓子型お箸置き。
a0288689_17433760.jpg

ガラ紡のお魚型たわしや、おそろいバブーシュ、ふんわり靴下、湯たんぽ。
a0288689_17434549.jpg

また、普段のお店ではまだお目見えしていないものも持ってゆこうと計画
しております。第2回目の今回は「小さな革のもの」。

トートバッグや、かごバッグの中で鍵や携帯が迷子にならず、片手で簡単に
取り出すことができるレザーストラップ。
a0288689_17482190.jpg

ベジタブルタンニン鞣しの皮革は使い込む程に色が変化し艶が出て風合い
が増します。ご自分用に、気軽な贈り物に。
a0288689_15525188.jpg

それから、ご出産のお祝いにベビーギフトなどもお持ちする予定です。
a0288689_163885.jpg

市まであと5日。12月に入ると一層寒さが厳しくなるかと思います。
どうぞ皆さま、暖かくしておでかけくださいませ。

お会いできること心より楽しみにしております!

*musubiホームページ : http://www.musubiwork.jp/

=== musubi/坂本 ===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-28 16:10 | これまでの出店者
Norbulingka
第1回目に続いて出店させていただきます、Norbulingka(ノルブリンカ)です。
今回は会場にもなっています。
国立駅の北、国分寺市西町にある、お隣りのki-to-teさんと同じ古い平屋の一軒家です。
a0288689_23114254.jpg

今回は駐車場も使って、たくさんの出店者さんが集まります。
是非みなさんにご紹介したい方々ばかり、といいますか有名な方々もいらっしゃるので、私も見て、食べて回りたい。
楽しみです。
a0288689_2312585.jpg
Norbulingkaは洋服の制作や洋裁教室、カフェなどを主催していますが、先月庭にデッキを作ったのを機に、今までウィークデーはオープンしていなかったのですが12月からデッキで小さなショップをスタートさせる予定です。
自然素材にこだわって作った、体に気持ちのいいもの、自分らしくいられるもの、生活を楽しめるもの、そんな洋服などを展示します。
といっても、私は横のアトリエで縫い物をしています。
お好きな時に立ち寄っていただいて、ご用があれば声をかけていただく、そんなのんびりなショップになる予定です。

今回、デッキももちろん会場となります。
まだ制作途中ですが、ロケットストーブも点火予定です。
Norbulingkaは火の番も兼ねてデッキで展示いたします。
a0288689_23102814.jpg
今回は、かわいくて暖かい、セーターリメイクのレッグウォーマーや靴下などご用意しました。
洋服も新作を色々作りました。
a0288689_2211449.jpg
クリスマスが近づいた今回、大切な方へはもちろん、ご自分へのプレゼントとしても、お役にたてたら嬉しいです。

12月2日、お目にかかれるのを楽しみにしております!

:Norbulingka前の道路は細いのですが一方通行ではなく、車がスピードを出して
  通ることが多く、飛び出すと非常に危険です。特にお子様連れの方はくれぐれも
  ご注意くださいませ。

Norbulingkaホームページ:http://norbulingka.info/
Norbulingkaブログ:http://norbu.exblog.jp/

a0288689_23203325.jpg


===Norbulingka/武井===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-27 22:12 | これまでの出店者
Willcafe
第1回に引き続き参加させていただく、
焼き菓子と喫茶のお店Willcafeです

季節ごとに出回る果物や野菜と、
出来る限り国産の安全で良質な材料を使い、
ひとつひとつ丁寧に手作りしています
おいしく作ることはもちろんなのですが、
お菓子がどうしたらかわいくなるかなぁということも考えながら、
手に取ったときの感動を大事にしたいなといつも思っています

前回は会場になっていましたが、今回は谷保から北へ移動。
飲食関係のお店も増えるので賑やかな雰囲気の中での出店。とても楽しみです
f0202535_203979.jpg

国立産の蜂蜜を使ったクリスマスはちみつフルーツケーキ
f0202535_2039957.jpg

たのしいアイシングをしたクリスマスクッキーなど
ちょっとしたギフトにもおすすめのものをたくさん持っていきたいと思っています

当日はお菓子と飲み物を販売します
メニュー予定
・・飲み物・・
スパイスミルクティー
温州みかんジュース
他、体が温まるものを考え中・・

・・お菓子・・
りんごとみかんのクランブルタルト
りんごと木苺のチーズケーキ
クリスマスはちみつフルーツケーキ
金柑とゴマのパウンドケーキ
りんごとむらさき芋のパウンドケーキ

スコーン
プレーン/クリスマス/みかんと杏

クリスマスクッキー
さつま芋のショートブレット
チョコとドライフルーツクッキー
キャラメルナッツクッキー
スパイスクッキー

・・キッシュ(テイクアウト用)・・
神山農園さんの冬野菜を使った全粒粉キッシュ

※変更になる場合もあります
・・・
f0202535_20391078.jpg

りんごとみかんのクランブルタルトもクリスマス向けに考えてみました
シナモンをきかせた満足感のあるタルト
クリスマスにホールでのご注文も承ります♪

イベント出店はまだまだ初心者で、不手際でお待たせしてしまうこともあるかと思いますが、おいしいものを提供できるようにがんばります!
お菓子を通じてお客様と、他の出店のみなさんと、つながっていけるのが何よりもあたたかくありがたい今日この頃。。気軽にお声をかけてくださいませ♪

Willcafeブログでもお菓子の紹介をしております → 


===Willcafe/来栖===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-26 22:27 | これまでの出店者
peker chise
第1回に引き続き、出店させていただくことになりました、
蜜蝋アロマキャンドルのpeker chise(ペケルチセ)です。

つかう人たちも、つくる私たちにも、安心して楽しめる素材で、
暮らしの一部としてすっとなじむ、さりげなくシンプルな
プロダクトを。

冬はキャンドルの恋しい季節。
クリスマスやお年賀の演出に、大掃除の仕上げに、
お気に入りのひとつを見つけていただけたら嬉しいです。

a0288689_1341241.jpg

「蜜蝋アロマキャンドル」
季節をあらわす数字を香りで表現したグラス入りのアロマキャンドル。
それぞれの数字がもつ意味からイメージした香りをブレンドしました。

a0288689_13421237.jpg

「すうじろうそく」
バースデーキャンドルとしてはもちろん、クリスマスや新年のテーブルなど
にも。あまい香りが美味しそうな蜜蝋(黄)と、すっきりシンプルな晒し
蜜蝋(白)の2色。ピック部分には、水とでんぷんだけを原料とした純天然
成分のでんぷん楊枝を使用しています。
a0288689_13423643.jpg


「挿花家・谷匡子さん 花風景のポストカード」
a0288689_13425643.jpg

「花活けの手びき」−四季の花で、凛とした空間をつくる−の著者で、
挿花家・谷匡子さんの撮りおろしポストカードを特別にお預かりしました。
a0288689_1342457.jpg

大切な方へのメーセージを、季節の花風景にのせてお届けしてみては?

: : : : : : : :

寒い日に灯すキャンドルの光は格別なもの。家族、友人、仲間が集まることも
多くなるこの季節、ぜひお気に入りを探してみてください。大掃除の後の空気
を一新、私も試してみたいなぁと思っています。

*peker chiseホームページ : http://peker-chise.com/

===事務局/さかもと===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-26 15:00 | これまでの出店者
azami
azamiと申します。前回のゆる市にも参加させて頂き、
お客様に「どこにあるのですか?」と聞かれたのですが、
お店はなく、唯一、ネットショップのみのお店です。

どこでも売っている商品や
すでに人気のある、いわゆるブランド的な商品ではなく

まだそれほど認知度が高くなくとも
真面目な物作りをなさっている方の物を
セレクトしているつもりでおります。

ネットショップ一番の人気は
松山陶工場さんの伊賀の土鍋です。

a0288689_1221221.jpg


伊賀の土鍋もいろいろありますが、
松山陶工場さんは、OEM的な下請け仕事も沢山こなしている
生産力のある作り手さんで、
量産をする一方で、自分たちで
オリジナルの土鍋も作ってらして、
オリジナルの土鍋では民芸館にも入賞しており
とても真面目な物作りで頑張っていらっしゃいます。

日常用に気軽に使える、昔ながらの伊賀の土を使った
良心的な価格の民藝的な土鍋です。

伊賀の土の抜群の保温力で、煮物などが美味しく、
効率的に調理ができます。
煮崩れも少なく、ほっこりと中まで煮えてくれますよ。

季節的に、土鍋はオススメなので
今回の市では、市の特別価格として
土鍋を通常より安い価格で販売させて頂く予定でおります。
(いくらになるかは市にいらして頂いてからのお楽しみ♪)

また、市のみの販売として、
これも季節を意識してみたのですが
気軽に使える、東ドイツ製の
シャンパングラスと、ワイングラスも販売予定です。
一つ900円程度の、コストパフォーマンスの良い
クリスタルグラスです。

a0288689_1221390.jpg


azami では、お酒が美味しく飲める器を
いくつか取り揃えておりますので、
よろしければサイトをご覧ください。

ゆる市当日は、ki-to-teさん会場にて
ki-to-teさん、たとぱにさん、peker chiseさんと一緒に
展示販売させて頂きます。

いつも孤独なネットショップなので、
皆さんとご一緒にやらせて頂くことが、本当に楽しいazami です。
お客様に、直にお会いできることも、本当に楽しみにしております。
お気軽に遊びに来て頂けたら、大変嬉しい次第です。

*azamiホームページ : http://a-zami.jp/

====azami/かまがた===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-26 09:00 | これまでの出店者
たとぱに
【自然素材と暮らすここちよさ】がテーマのたとぱにです。
メキシコの伝統的な手織物のラグ、自然栽培の綿カーテン、ネパールの手漉き紙など、手仕事によりつくられる天然素材のインテリア用品を取り扱っています。今回はki-to-teさん直売所に展示をさせていただく予定です。

羊毛の手織ラグは1年通して使えるものですが、これからの季節は特におすすめ。現在たとぱにではリビングサイズを中心としたフェアをやっています。
ゆる市には同じ織物のクッションカバーをいくつか持っていきます。
丁寧にブラッシング仕上をしているのでチクチク感もなく、あたたかで贅沢なクッションカバーです。
a0288689_16165228.jpg

自然栽培綿カーテンは冬におすすめの一番厚手のきなりの布を窓に下げさせてもらう予定です。サンプル帳で他の布も見ていただけますので、お気軽に声をかけてください。(30種類あります)
また、自然栽培綿の布小物は、ふんわりあたたかなマフラーと冷え対策におすすめのショートパンツやレッグウオーマー等をご用意しています。
a0288689_16112360.jpg


今年の夏、ki-to-teさん直売所でラグの撮影をさせていただく機会がありました。私好みの昭和の平屋空間に素敵な家具が配置されていて、お陰さまでとても良い写真が撮れました。ki-to-teさんの家具と手織りラグ、自然栽培綿カーテンはとても相性が良いのです。今回は、azamiさん、peker chiseさんの小物も加わり、更に素敵な空間になると思います。
クリスマスっぽいディスプレイができたらいいね、というような話も出ていて、皆であれこれ展示をするのが今から楽しみです。

*たとぱにホームページ : http://tatopani.jp/

===たとぱに/吉川===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-25 16:29 | これまでの出店者
お菓子工房くろねこ軒
当日のメニューが一部変更になりました。
a0288689_18323430.jpg
国立駅北口の住宅街の中にある小さなお菓子工房です。
オーダーメード、イベント、お菓子教室、Marchéを主体にしていて
作り置きはいっさいしないちょっと変わったスタイルのお店です。

国産小麦を始めとした安全な材料でとびきりの味を作っています。
「おいしくてびっくりした」と思ってもらえるお菓子達にどうぞ会いにいらしてください。
ゆる市でお目にかかれるのを楽しみにしております。
a0288689_18331139.jpg
お菓子工房くろねこ軒
〒185-0004 東京都国分寺市新町3-26-28
TEL:042-301-3338
http://kuronekoken.com/
Mail: brucke@kuronekoken.com

===================
くろねこ軒のお菓子は月1回開くマルシェやネットショップで購入できますが、いずれもすぐに売り切れてしまうことが多い人気のお菓子屋さんです。
穴場はオーダー。お誕生日ケーキなど、相談の上作ってくれて、とびきりおいしい!
Norbulingkaのソーイングカフェの際のお菓子も作ってくれています。
実はケーキやお菓子が特段好きでなかった私、初めてくろねこ軒のケーキを食べた時の衝撃を忘れられません。「ワンホール食べたい」と思いました。
いまだに毎回びっくりします。

当日はタルトタタン、ピタサンド、白パンクリームサンドなども持ってきてくれるそうです。
くろねこ軒のタルトタタンは、じっくり煮込んだ熱々のキャラメルりんごをフランス仕込みのパイ生地にその場でのせてくれる暖かなタルトタタンで、この季節ならではのお菓子です。
作っている本人とスタッフが「ちょーうまい」と言っているので、相当おいしいのだと思います。
サンドイッチも、「パンのおいしさってサンドイッチに重要なんだ」と私の目からウロコを落としめた一品です。
お楽しみに。

<事務局/たけい>
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-24 23:48 | これまでの出店者
naocafe
国立の住宅街の中にある、ベジ&hemp cafeの naocafe です。
当日は、酵素玄米のおにぎり、米粉のケーキやマヤ麻クッキーなどの販売をする予定です。

naocafeはcafeであり、フリースペースでもあります。満月新月の瞑想会、手縫い時間、心洗われる音楽のライブ、ベジタリアン料理や酵素作りの教室、各種お話会、着物イベント、上映会など、いろいろと発信中です。

来年からはスペースを一旦クローズし、国立を旅立ち移動しながら、麻やお米、種、森の間伐等、地球の声を発信していく予定です。
身体も大地も元気に浄化する麻文化を今こそ日本に復活させましょう。
*ブログ:http://ameblo.jp/naocafenaochan/   
 
=== naocafe ===
a0288689_226354.jpg
 
naocafeさん、行くと卓袱台を前につい長居をしてしまいます。静かな住宅街にある空間は窓の外に緑が見えて、とても落ち着くんです。
そしていつも、さまざまなイベントや勉強会のようなことをやられていて、naoさんのアンテナの広さには感心させられます。
ここ最近は麻に注目していて、カフェメニューにも登場しています。
麻について興味のある方は、声をかけてみるときっと興味深い話が聞けると思いますよ!
 
====事務局/よしかわ===
[PR]
# by yuruichi | 2012-11-24 11:04 | これまでの出店者